医療事務資格試験勉強のためのパソコンとしてお薦め エプソン Endeavor NY2200S

スポンサードリンク

今は、資格試験の勉強のためにパソコンを使う方も少なくないと思います。

WEB通信講座、DVD通信講座、さらにパソコン学習ソフトも充実しており、パソコンなしで資格試験の勉強はできないといっても過言ではないと思います。

では、資格試験の勉強のためのパソコンはどのような基準で選べばいいのか?

もちろん、今、手元にパソコンがある方は、それを利用するのが一番ですが、買い替えや、資格試験用に自分専用のパソコンがほしいという方も少なくないのでは?

以下、資格試験のためのパソコンの選び方を紹介します。

1、コンパクトなもの
パソコンで勉強するときは、パソコンだけでなく、テキストや問題集なども机の上に広げて勉強することになります。
デスクトップパソコンでも大きな机に置けるなら問題ありませんが、普通の机だと、デスクトップパソコンだと大きすぎて載せられないですよね。だから、できればノートパソコンがお薦めです。

2、持ち運べるもの
勉強する部屋が決まっている方は問題ないですが、人によっては、自分の部屋ではなく、他の場所で勉強する方もいらっしゃると思います。
例えば、自習室などを利用して勉強する方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんなときは、持ち運べるノートパソコンなどを利用すると勉強しやすいと思います。
そして、コンセントが使えない場合に備えて、バッテリーの容量はできる限り大きいものを選びましょう。最低でも3時間はコンセントなしで駆動するものを選びたいものです。

3、スペックは低スペックでもOK
パソコンのスペックについては、最近のものであれば、低スペックパソコンといわれるタイプでも問題ありません。web通信で、講義動画をストリーミングすることができれば、十分です。
ただ、パソコン学習ソフトを使うような場合は、低スペックだと動かないこともありますから要注意です。利用するパソコン学習ソフトの要求スペックを参考にしてください。

また、仕事などで使う方も、いらっしゃると思います。
そんなときは、仕事で求められるスペックを優先して選ぶようにするといいと思います。特に、資格取得後、独立を考えている方は、パソコンもそのまま使えるように、性能の良いパソコンを選んでおくようにしたほうがいいですよ。

以上、簡単に紹介しましたが、今からパソコンを購入するならお薦めのパソコンは・・・

エプソン Endeavor NY2200S(Core i5搭載モデル)Windows 7 Professional 32bit 標準搭載です。

Core i5搭載モデルならば、スペックは十分すぎるほど。

特筆すべきは、Windows 7 Professionalを標準搭載しているという点です。
Windows 7 Professionalはビジネス用であるために、2020年1月14日まで延長サポートを受けられるので、長く使い続けることが可能ですよ。

ぜひ、参考にしてください。

エプソン Endeavor NY2200S(Core i5搭載モデル)Windows 7 Professional 32bit 標準搭載

ここがポイント!

32bit OS搭載!メモリー容量4GB、スーパーマルチドライブや無線LAN機能 搭載。
Windows7 Professional 搭載 14型ワイドノートPC

スペック

液晶タイプ 14型ワイド (1366×768) WXGAあざやかグレア液晶
(LEDバックライト)
OS WindowsR 7 Professional 32bit 正規版
Service Pack 1 (SP1) 適用済み
CPU インテルR Core? i5-2430M プロセッサー(2.4GHz)
メモリー 4.0GB(4.0GB×1) PC3-10600 DDR3 SDRAM
HDD 320GB シリアルATA 300MB/s対応 5400rpm
光ディスクドライブ スリムスーパーマルチドライブ
(DVD±R 2層書込)シリアルATA対応
無線LAN IEEE802.11b/g/n準拠 無線LAN
マイクロソフトオフィス なし
保守サービス 1年間 お預かり修理(コンピューター本体)
※1年間部品保証(標準)

エプソンダイレクト楽天市場店)より


(関連記事一覧)

医療事務はなぜ、人気がある資格なのか
医療事務は事務関係の仕事の中でも人気のある仕事のひとつです。
事務派遣で人気の資格ランキングでも第一位のパソコン・OAスキルに次いで、第二位の人気ぶりです。医療機関の事務員に過ぎないにもかかわらず、人気があるのはなぜでしょうか。

医療事務のお仕事
医療事務は、一生使える資格として、主に、女性に人気がある資格です。出産や結婚によって職場を離れたとしても、資格と経験があれば、復職し易い仕事として人気があります。医療事務は専門的な知識が求められるため、誰でもなれるわけではなく、資格の勉強をすることから始めなければなりません。

医療事務の資格
医療事務の資格には国家資格はありません。厚生労働省が認定している公的資格2つと、多数の民間資格があります。

医療事務の講座
医療事務の仕事をしたことがない。医療資格の勉強をするのが初めてだ。という受験生は、スクールの講座を利用して勉強することをお薦めします。

医療事務資格試験勉強のヒント
医療事務資格の勉強のヒント。試験勉強のコツなどを紹介します。

医療事務の求人
医療事務の資格と経験があれば、仕事に困ることはありません。これまで取り上げてきたように、医療事務の仕事は専門性の高い仕事ですし、資格と経験がある方を優先して採用している仕事です。一般的に、仕事の求人では若い方を優先して採用することが多いわけですが、医療事務の場合は、若ければよいというわけではなく、若くなくても、経験が豊富な方を優先して採用しています。

みんなの医療事務試験と仕事の体験談
みんなの医療事務の勉強の体験談などを紹介します。




医療事務の資格は取った後が大切

医療事務の資格は取るだけでは意味がありません。

医療事務の資格を取ってから、医療機関に就職することが目的ですよね。
医療事務の仕事は、たくさんあるといわれていますが、一般的な求人は、経験者を求めていることが多いです。
経験がないのに医療事務の資格だけ取っても意味がありません。

そこでおすすめなのが、資格を取った後も、就業サポートを受けられるサービスがセットになっている講座を選ぶことです。

例えば、 東京医療事務センターのWEB講座 もその一つです。

「医療保険請求事務者(医科)2級」さらに、全国の医療機関で最も認知され、(財)日本医療保険事務協会主催「診療報酬請求事務能力認定試験」を目指すことができる講座です。

さらに、資格取得後も、スタッフ登録を受けて、就業することもできます。

信頼度の高い資格も取れるし、就業のサポートもあるのですから、利用しないのは損ですよ。


ライブ講義 就業サポート 目指せる資格
ヒューマンアカデミー医療事務看護講座 あり あり 診療報酬請求事務能力認定試験、医科2級医療事務実務能力認定試験、2級医療秘書実務能力認定試験、医療事務OA実務能力認定試験、電子カルテオペレーション実務能力認定試験
がくぶん総合教育センター医療事務 DVD あり 診療報酬請求事務能力認定試験、保険請求事務技能検定試験
資格の大原 医療事務講座 あり あり 医療事務(医科)能力検定試験
ゼミネット 医療事務講座 web 診療報酬請求事務能力認定試験
ユーキャンの医療事務講座 医科 医療事務管理士(R)技能認定試験
東京医療事務センターのWEB講座 web あり 医療保険請求事務者(医科)2級、診療報酬請求事務能力認定試験



Powered by NINJA TOOLS