おまわりさんと学ぶ防犯・自宅警備入門


防犯・自宅警備入門では、強盗、泥棒、空き巣などの犯罪から家族や子供自分の身を守るための防犯対策。ホームセキュリティ、防犯カメラの選び方、お薦めの防犯グッズについて紹介しています。


星の数ほどあるサイトの中から、このサイトにお越しくださり、本当にありがとうございます!サイト運営者一同、心から感謝しております。きっと何かのご縁ですから、どうぞゆっくりご覧になっていってください。
スポンサードリンク


 防犯・自宅警備の基本


防犯対策の基本的な考え方
かつては、日本は、安全はただで買えると言われていました。しかし今では、安全とは言いがたいのが現状です。ごく普通の住宅であっても、空き巣に入られたという話はよく聞きます。

窓の防犯
空き巣や泥棒が一戸建てに侵入する方法として、最も多いのが、ガラス破り。次に多いのが、施錠していないという窓等からの侵入ですね。

玄関の防犯
家への空き巣の侵入を100%防ぐということはできません。どんなに時間がかかってもよいのならば、荒っぽい手口を使えば、どんな家でも侵入は可能です。

自動車・バイクの盗難防止
自動車・バイクが自宅から盗み出されるという被害が後を絶ちません。空き巣にはいるよりも、やりやすい犯罪ですから、自動車・バイクの盗難防止対策はしっかりとしておく必要があります。

みんなの防犯対策・体験談
強盗、泥棒、空き巣などの犯罪から家族や子供自分の身を守るために実行している防犯対策。皆様からの体験談等を紹介します。

 防犯・自宅警備に役立つグッズ


防犯フィルム
空き巣や泥棒のほとんどは、ガラスを破り窓から侵入します。そのため、窓の防犯性を高めることが防犯対策の第一歩になります。最もよいのは、最初から、防犯性の高い窓ガラスを設置することです。しかし、すでに、窓を設置してしまった場合は、交換することは容易ではありません。そんな時、美観を損なわない効果的な対策が防犯フィルムを張ることです。

内格子
ルーバー窓のように、防犯フィルムを貼ることができない窓ガラスもあります。ルーバー窓は、一見すると、丈夫そうに見えますが、実は、簡単に取り外しができてしまうものであるため、壊して侵入するというケースも多いようです。そこで、ルーバー窓の防犯対策としてお薦めなのが、内格子を取り付けることです。外格子に比べて容易に取り付けられますし、強度もあります。

窓の補助錠
窓の防犯性を高める手軽な方法として、補助錠を設置することも上げられます。ペアガラスのように、防犯フィルムを貼ることができない窓ガラスについては、補助錠を設置することをお薦めします。また、防犯フィルムを貼ったガラスであっても、補助錠を設置することでより防犯性が高まります。

玄関の補助錠
窓周りを完璧にしたら次に考えたいのが、玄関や勝手口の防犯対策です。ピッキングを初めとして、玄関のドアをこじ開けるための手口は巧妙になってきています。そのため、鍵一つではなくて、複数の補助錠を設置することが大切になってきています。

防犯カメラ
防犯カメラは、「犯行の記録・監視」、「犯罪の抑止効果」を目的に設置します。昼間だけでなく夜間の監視もできる赤外線タイプがお薦めです。中途半端なものをつけても安物買いの銭失いになります。どうせつけるならば高性能のものを取り付けましょう。

 ホームセキュリティ入門


自前のセキュリティシステム
家を留守にする時に心強い味方が、セキュリティシステムです。セキュリティシステムというと、セコムなどの警備会社と契約するシステムがよく知られています。しかし、セコムなどの警備会社は、毎月、手数料がかかりますし、家の鍵を一つは警備会社に預けなければならなかったりして、敷居が高いです。手軽に利用するには、自前で、セキュリティシステムを設置するのが一番。

警備会社のホームセキュリティ
防犯対策を施したとしても、侵入しようと思えば、侵入できてしまいます。そこで、侵入されそうになった場合には、警備保障会社に連絡が行くようにホームセキュリティを導入しておくことも大切です。特に、都会では、隣の家に不審者がいたとしても、近所の方が警察に通報してくれるとは限りません。むしろ、用事の人だと思い、気に留めないのが一般的です。ホームセキュリティを導入しておけば、警報が鳴った場合には、警備会社の警備員が駆けつけて、異常の有無を確認してくれますから、安心です。

 あなたの防犯対策・自宅警備方法を教えてください


相互リンクはいつでも受け付けています上記メールフォームよりお問い合わせください

弊サイトは、リンクフリーです。お気軽にリンクしてください。文章等の引用の際は必ずリンクをお願いします。
Copyright (C) おまわりさんと学ぶ防犯・自宅警備入門 All Rights Reserved.