不動産鑑定士資格試験 独学か 通信か?


不動産鑑定士は、不動産関係の資格の最高峰とも言われ、司法試験、公認会計士に並んで最も難しい資格の一つとされています。合格すれば、不動産会社等での昇進や転職に有利になります。また、不動産鑑定士として独立して仕事をすることもできます。


星の数ほどあるサイトの中から、このサイトにお越しくださり、本当にありがとうございます!サイト運営者一同、心から感謝しております。きっと何かのご縁ですから、どうぞゆっくりご覧になっていってください。
スポンサードリンク

 不動産鑑定士とは


不動産鑑定士とは
不動産鑑定士は、地域の環境や諸条件を考慮して「不動産の有効利用」を判定し、 「適正な地価」を判断する専門家です。
国や都道府県が土地の適正な 価格をー般に公表するための、地価公示制度や地価調査の制度をはじめとして、 公共用地の買収評価、相続税路線価評価、固定資産税評価、裁判上の評価、会社 の合併時の資産評価ならびに現物出資の評価、さらには、不動産に関するカウンセリング等、広く公共団体や民間の求めに応じて不動産鑑定士が業務を行っています。

 不動産鑑定士試験科目


不動産鑑定士試験科目と対策
短答式試験は不動産に関する行政法規、不動産の鑑定評価に関する理論について、各120分、各40問出題されます。
論文式試験は民法、会計学、経済学、不動産の鑑定評価に関する理論、不動産の鑑定評価に関する理論(演習科目)から出題されます。

 不動産鑑定士試験の勉強方法


スクールの不動産鑑定士試験講座で勉強するなら
資格の勉強をするのが初めてだ。という受験生にお薦めなのが、スクールの通信講座を利用して勉強することです。

独学で不動産鑑定士試験の勉強をするなら
不動産鑑定士試験は難しい試験ですが、独学で合格してしまうことも可能です。独学で合格するためには、どうしたらいいのかヒントをまとめました。

 不動産鑑定士試験受験の体験談


みんなの不動産鑑定士試験体験談を読んでみよう
みんなの不動産鑑定士試験の受験体験談を紹介しちゃいます。体験談の投稿は下記のメールフォームで募集しています。あなたの体験談も聞かせて。



弊サイトはフリーニュースレターが運営しております。相互リンクはメールフォームで受け付けています。いつでも、お気軽にどうぞ


弊サイトは、リンクフリーです。お気軽にリンクしてください。文章等の引用の際は必ずリンクをお願いします。
Copyright (C) 不動産鑑定士資格試験 独学か 通信か? All Rights Reserved.