Links:

カテゴリー

スポンサードリンク

契約書を理解するために民法を勉強しよう

契約書を正確に理解するためには、民法を勉強する必要があります。

法学部出身の方や、法律関係の資格の勉強をしていた方なら、民法の本などを読むことができると思いますが、そうでない方にとっては、なかなか理解できないと思います。

民法入門」では、民法のしくみについて、初心者の方にもわかりやすいように簡単に解説していますので、ぜひ、参考にしてください。
なお、民法入門は法律系資格の登竜門である宅建や行政書士試験受験生が読まれることを想定して作成しています。

もし、民法をもっと勉強したいとお思いでしたら、宅建や行政書士試験などの民法の勉強ができる資格試験に挑戦してみてください。

あなたの知識の幅が広がるはずです。
宅建・宅地建物取引主任者試験 ~不動産屋だけの資格ではない 学生から社会人まで幅広く受験~
お奨めは、宅建です。不動産会社の社員だけでなく、一般の方もたくさん受験しています。独学でも合格できるとされていますが、初心者の方にとっては、独学は大変です。今は、安くて質のいい通信講座もありますから、通信講座などで勉強することをお奨めします。
行政書士試験 ~独立開業も可能 法律や行政手続の専門家として活躍~
町の法律家として、人気が高まっているのが行政書士です。弁護士に相談するほどではない案件なら、行政書士に相談しようという風潮が高まっています。また、独立しないしても、行政書士資格があれば、一定の法律知識を有することの客観的な証明になり、就職や転職でも有利になります。
最近は、試験のレベルが上がっていますので独学で合格することは難しくなりました。しかし、安くて質のいい通信講座もありますから、通信講座などで勉強することをお奨めします。

この記事で参考にした書籍一覧


総務、法務、会計などの専門分野の仕事をする方にとっては、常に新しい情報を仕入れておかなければなりません。そのために最適なものが、専門家向けの雑誌です。しかし、法律、ビジネス、税務、会計などの専門雑誌を購入しようと思っても、専門の雑誌は、書店には、なかなか、売っていません。
そんなときは、雑誌のオンライン書店を利用しましょう。
おすすめなのが、雑誌のオンライン書店Fujisan.co.jp です。雑誌のAmazon.co.jp版ともいえる在庫の充実ぶりで有名です。マイナーな専門雑誌から、過去の雑誌まで、幅広く、購入することができます。

定期購読、バックナンバー、最新号やパソコンで読むデジタル雑誌まで、雑誌のことなら何でも揃います!定期購読なら多くの雑誌が送料無料。さらに割引価格の雑誌も多く、最大70%OFFのものもあります。

お薦めの雑誌

会社法務A2Z
会社法施行1年 新しい時代のマネジメントをサポート!法と経営をつなぐ実務誌

この雑誌の内容
企業経営者・実務担当者および専門有資格者に向けて、会社に関わる法律の改正動向や実務情報を、わかりやすくタイムリーに提供する情報誌。「会社法」に関する実務を中心に、会社のヒト・カネ・情報に関わる関係法令についても、幅広くカバー。


この雑誌はこんな方におすすめです!
・企業経営者・総務や法務の実務担当者の方
・行政書士、司法書士、税理士事務所などで働いている方。




企業実務
会社の事務はこの1冊ですべてOK! 「企業実務」は、総務・経理部門の仕事を全面的にバックアップします。

この雑誌の内容
経理・総務・人事部門の抱える課題を解決するために
仕事をすすめるうえで必要な実務情報や具体的な処理の仕方を正確に、わかりやすく、タイムリーにお届けする月刊『企業実務』。経理・税務・庶務・労務の事務一切を一冊に凝縮。1962年の創刊以来、理論より実践を重んじ、“すぐに役立つ専門誌”を貫く『企業実務』は、事務部門の業務を全面的にバックアップ。書店では手に入らない『企業実務』をぜひ定期購読してみませんか。


この雑誌はこんな方におすすめです!
・企業の経理・総務・人事担当者や経営者の方におすすめの一冊。
・社会保険労務士事務所、行政書士事務所、税理士事務所で働いているすべての方にもおすすめ。



BUSINESS LAW JOURNAL(ビジネスロー・ジャーナル)
「Lexis企業法務」が新しく生まれ変わりました!

この雑誌の内容
企業を動かすリーガル・プロフェッションのための専門誌。法律とビジネスの両面で一流を目指す人へ。
法務担当者の執筆・インタビューが中心の特集記事と経験豊富な実務家による連載でこれまでにない誌面構成を実現。
【1】ビジネス上の困難な判断や問題の解決にすぐに役立つ実戦的な内容。
【2】国内の情報はもちろん、LexisNexisならではの海外情報も充実。
【3】忙しいビジネスパーソンも読みやすい洗練された誌面デザイン。


この雑誌はこんな方におすすめです!
・行政書士事務所、司法書士事務所、法律事務所などで働くすべての方。
・企業の法務担当者
・大学の法学部などで研究に携わるすべての方


雑誌・定期購読なら専門サイトの【Fujisan】へ