建設会社設立用印鑑の選び方


建設会社設立時に必要になる印鑑とその選び方を専門家が解説しています。会社の印鑑は会社の象徴ともいえるもの。末永く使える一品を選びましょう。


星の数ほどあるサイトの中から、このサイトにお越しくださり、本当にありがとうございます!サイト運営者一同、心から感謝しております。きっと何かのご縁ですから、どうぞゆっくくりご覧になっていってください。


スポンサードリンク

建設会社設立時に必要な印鑑とは


会社の商号を決定したら、これから会社を運営していく上で必要になる各種印鑑の作成を依頼します。
会社設立時に作成する印鑑は、代表者印(実印)、銀行印(銀行届出印)、社印の3つが一般的です。


法人印鑑 会社実印
代表者印(実印)は会社設立手続きで必要ですから、法務局に届け出て印鑑証明書も取得しておきます。 会社設立登記申請と同時に印鑑届出をしてもかまいません。
一般的には、会社の名前+「代表取締役印」、「取締役印」「代表者印」等の文字が入ります。


法人印鑑 会社銀行印
銀行印(銀行届出印)は会社の銀行口座を開設するために必要になります。代表者印(実印)とは別に作るのが一般的です。
会社の名前+「銀行之印」の文字が入ります。


法人印鑑 角印
社印(角印)は会社の名前だけの印鑑です。会社の認印として利用します。領収書や見積書、請求書、契約書など、代表者印(実印)を利用するほどではないような文書に捺印するための印鑑として重宝しますから、会社設立時に作成しておくと便利です。
特に建設会社の場合は、見積書、請求書等をたくさん出すことになりますから必須です。


法人印鑑 会社設立セット
これらの3つの印鑑は、別々に作ってもいいですが、いずれは、必要になるものですから、まとめて作ってしまった方がお得ですよ。
株式会社ハンコヤドットコム(R)では会社設立セットとして、割引で購入できます。


<参考> 建設会社設立手続きの流れ

株式会社設立手続き
手続きの猥雑さはあるものも、取引先からの信用度が最も高いのが株式会社の形態です。ただし、運営のためには会社法について勉強しておくことが大切です。

合同会社設立手続き
面倒な手続きはいやという方にお薦めなのが、合同会社。小さな会社が多いと思われがちですが、大きな会社でも合同会社形態を取っているところもあります。

会社設立手続きの解説
会社設立手続きを進めようとすると、普段、聞き慣れない用語もたくさん出てくるのではないでしょうか。会社設立手続きに関する用語を解説します。

建設会社の印鑑の選び方


建設会社の印鑑作成時の注意点
会社設立時に作成する印鑑は、代表者印(実印)、銀行印(銀行届出印)、社印ですが、会社の形態により代表者印(実印)は異なるので注意しましょう。

印材別 印鑑の選び方
印鑑の印材は象牙を初めとしてさまざまなものがあります。薩摩本柘、彩樺(さいか)、玄武(黒彩樺)、黒水牛、牛角(オランダ水牛)、チタンなど、それぞれの特徴を紹介します。

法人印鑑・会社実印の大きさ 印鑑の選び方
個人の印鑑の場合は、大きさは、自分の好みに合わせて選ぶことが多いですが、法人印鑑・会社実印の大きさについては、ほぼ決まっており、選択肢は少ないです。

法人印鑑書体 印鑑の選び方
法人印鑑書体としては、篆書体、吉相体、古印体の3種類があります。最もよく使われるのが、篆書体といわれる書体です。


ご意見・ご質問をいつでも受け付けています



このサイトは実務法務研究会が運営しています。相互リンクはメールフォームで受け付けています。いつでも、お気軽にどうぞ。

弊サイトは、リンクフリーです。お気軽にリンクしてください。文章の引用の際は必ずリンクしてください。
Copyright (C)  建設業許可申請事務のガイドライン All Rights Reserved.