独学堂 日商簿記検定資格試験

日商簿記検定試験2級の教材





日商簿記検定試験に独学で挑戦する方へ

日商簿記検定試験に独学で合格している人もたくさんいます。

昔は、簡単だったけど、今は、難しいから無理だと思う人もいるかもしれません。

しかし、そんなことはありません。

やり方さえ、間違えなければ、独学でも合格は勝ち取れます。



独学で勉強する際には、注意したいことが3つあります。

1、分かりやすいテキストを利用する
テキストだけが頼りになるわけですから、とにかく分かりやすいテキストで勉強しましょう!

2、過去問は解説が充実しているものを
過去問は問題を解くことより解説を読むことのほうが大切です。詳しく解説されている過去問を選びましょう。

3、模擬試験、演習講座は受けよう
予備校には、通わなくても模擬試験だけは受けて、本試験の雰囲気を掴もう。どうしても、予備校にいけないなら、最低限、市販の予想問題集や受験雑誌には目を通そう。



独学で受験する方にお薦めの教材

1、簿記って何?という人のための入門テキスト


そもそも、簿記って何?という初心者の方は、いきなり専門のテキストで勉強しても挫折してしまいます。
「わかりやすい」といわれているテキストでも、理解するためには、簿記について大まかなことを知っていることが前提というテキストがほとんどです。

本当に簿記のことを何も知らないという方は以下のテキストを読むことからはじめましょう。

はじめての人の簿記入門塾
「簿記とは何なのか」「基本的に何を覚えればいいのか」を漫画も交えて、分かりやすく解説している本です。簿記の本はたくさんありますが、これ以上の入門本はないといっても過言ではありません。
3級の分かりやすいといわれているテキストで勉強しても挫折してしまったという方は、ぜひ、この本を読むことから再スタートしてみてください。



2、基本テキスト(必須)

本格的に勉強しようと決めたならば、以下のテキストのうち、いずれか一冊は、一通りこなす必要があります。利用するテキストを決めたら、テキストがぼろぼろになるくらい使いまわすようにしよう。


<3級編>

サクッとうかる日商3級商業簿記テキスト
文章だけではなくて、イラストも掲載されており、文章を読むだけでなく、イラストを見て理解することができるテキストです。なお、このテキストだけでは、問題演習不足です。同じシリーズの「サクッとうかる日商3級商業簿記トレーニング」もあわせて利用しましょう。

スッキリわかる日商簿記3級
かわいらしいキャラクターがお店を開くという物語形式で簿記の基本から理解していくことができるテキストです。すらすらと読み進めていくことができるので、理解しやすいです。
ナオ、このテキストだけでは、問題演習不足なので同じ著者による「プラス8点のための問題演習 日商簿記3級」等で問題演習を繰り返してから過去問に取り掛かることをお薦めします。

10日で合格るぞ!日商簿記3級 光速マスターテキスト
大手予備校のLECが作成しているテキストです。図、絵が多く、章ごとに重要なポイントを分かりやすくまとめられており、メリハリのある勉強が可能です。テキストを読んだあと、「10日で合格るぞ!日商簿記 3級光速マスター問題集」で演習して、実力を身につけましょう。そのあと、過去問を利用して総仕上げすれば合格は間違いなし。


<2級編>

サクッとうかる日商2級商業簿記テキストサクッとうかる日商2級工業簿記テキスト
2級のテキストの多くは、3級の内容を理解していることが前提となっています。しかし、3級に合格している人でも、そうしたテキストで勉強するのはきついものです。サクッとうかるシリーズのテキストは、3級の知識があいまいになっていても、読み進められるのでお薦めです。
テキストを一通り読んだら、「サクッとうかる日商2級商業簿記トレーニング」「サクッとうかる日商2級工業簿記トレーニング」で問題演習を行ってから過去問に取り掛かるといいですよ。

スッキリわかる日商簿記2級 商業簿記スッキリわかる日商簿記2級 工業簿記
かわいらしいキャラクターによるストーリー形式で仕訳の方法から学んでいくことができます。もちろん、かわいいキャラクターでも、内容はしっかりしており、このテキストだけで合格のために必要な事項を理解することができます。
テキストを一通り読んだら、「プラス8点のための問題演習 日商簿記2級」等で問題演習を行ってから過去問に取り掛かるといいですよ。

20日で合格るぞ!日商簿記2級 光速マスターテキストシリーズ
大手予備校のLECが作成しているテキストです。3級同様に、章ごとに重要なポイントを分かりやすくまとめられており、メリハリのある勉強が可能です。テキストを読んだあと、「20日で合格るぞ!日商簿記 2級光速マスター問題集シリーズ」で演習して、実力を身につけましょう。そのあと、過去問を利用して総仕上げすれば合格は間違いなし。

その他の日商簿記検定テキスト一覧



3、過去問(必須)

過去問は問題を解くことも大切ですが、解説を読むことも大切です。詳しく解説されている過去問を選びましょう。基本的に一冊で十分です。
過去問はやらずに、テキストと同じシリーズの問題集だけで済ませてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、最近の本試験は難しいので、確実な合格を目指すのならば、過去問は必須です。
過去問に関しては、予備校が作成しているものが最新の傾向に沿っていますし、対応も早いのでお薦めです。


<3級編>

合格するための過去問題集日商簿記3級
大手予備校のTACの過去問。最新の会計基準にあわせて改題されている過去問題集なので、安心して利用できます。出題意図等の解説も丁寧ですし、「TAC式出題別攻略テクニック」、「解答への道」も参考になります。

出題パターンでマスター過去問題集 日商簿記3級
同じく大手予備校のTACの過去問。問題が項目ごとにまとめられており、重点的に勉強したい分野を勉強するのに役立つ過去問です。
難易度別にまとめられており、重要な分野が一目瞭然なのでスムーズに勉強できます。

日商簿記3級過去問題集
大手予備校の大原の過去問です。出題パターン別に解き方を知ることができる過去問題集です。本試験直前の総仕上げには最適です。


<2級編>

合格するための過去問題集日商簿記2級シリーズ
大手予備校のTACの過去問。最新の会計基準にあわせて改題されている過去問題集なので、安心して利用できます。出題意図等の解説も丁寧ですし、「TAC式出題別攻略テクニック」、「解答への道」も参考になります。

出題パターンでマスター過去問題集 日商簿記2級シリーズ
同じく大手予備校のTACの過去問。問題が項目ごとにまとめられており、重点的に勉強したい分野を勉強するのに役立つ過去問です。回答用紙がダウンロードできるのも便利です。

日商簿記2級過去問題集シリーズ
大手予備校の大原の過去問です。出題パターン別に解き方を知ることができる過去問題集です。問題集と、解答を別冊に切り分けられるので勉強しやすいです。

その他の日商簿記検定試験過去問一覧



※DSで勉強したい方へ

最近では、DSで日商簿記検定試験の勉強ができるようになっています。隙間時間を有効に活用して、問題に取り組みたい方にお薦めです。ただ、これだけで、日商簿記検定試験の勉強を完結させるのは無謀です。あくまでも、勉強したくないときに、リラックスしながら勉強できる。隙間時間にちょいと勉強するためのツールとして活用した方がいいです。

本気で学ぶ LECで合格る DS日商簿記3級
LECのDSソフトです。10日で合格るぞ!日商簿記3級 光速マスターテキストのDS版という感じです。

超かんたん簿記入門DS
ストーリーに沿って簿記の基本を学ぶことができ、簿記の基礎を徹底的にトレーニングすることができます。



4、模擬試験は予備校で受けよう

模擬試験は、ありとあらゆる予備校のものを受けるのが一番よいでしょう。しかし、模擬試験開催日が重なるので、全部の予備校の模擬試験を受けることは不可能です。そこで、一番お薦めの予備校を紹介します。

一番お薦めなのは、LEC東京リーガルマインドです。

模擬試験の回数も十分ですし、本試験での的中率も高いことで知られています。模擬試験と似た問題が本試験でもよく出題されています。9月くらいから申し込み受付をしているので、チェックしてみてくださいね。



5、最後に、モチベーション維持に役立つ本を紹介します

日商簿記検定試験の勉強をしていると、モチベーションが下がってくることもあるではないでしょうか。

テキストを読んでいても理解できないことがあったり、なかなか覚えることができなかったり、過去問を解いてもなかなか正答を導き出せない。

しまいには、「なんのために日商簿記検定試験の勉強をしているんだろう?」と投げ出しそうになる。

特に最近では、経理の仕事はアウトソーシングがすすんでおり、会社でも派遣社員がほとんどを占めているのが実情です。

日商簿記検定の勉強をしたって安くこき使われるだけ。

そう思ってしまうと、勉強する気もなくなってしまうのでは?

そんなときは、「35歳までに身につけておくべき プロの経理力」という本を読んでみてください。

通常の事務処理をするだけの社員がリストラされつつあるのが現状において、生き残るためには、何をなすべきなのか?

その答えが書かれている良書です。

今後のキャリアを考えるにあたり、大いに参考になる一冊です。

簿記の勉強を始める方はもちろん、もう合格したという方もぜひ、一読することをお薦めします。


スポンサードリンク