宅建試験 独学か?通信講座か?


宅建試験は、法律系資格の登竜門。決して難しい資格ではない。
資格試験に慣れている人や法律の勉強をしたことがある人なら独学で。初めての人でも、通信講座で勉強すれば合格できます。


星の数ほどあるサイトの中から、このサイトにお越しくださり、本当にありがとうございます!サイト運営者一同、心から感謝しております。きっと何かのご縁ですから、どうぞゆっくりご覧になっていってください。
スポンサードリンク

 宅建とは


宅建とは
宅建の正式名称は、宅地建物取引主任者です。文字通り、宅地建物の取引に関する専門家です。主に不動産会社において、営業担当者の主任としての役割が想定されています。
宅建業法によると、不動産会社の社員5人につき、1人以上の宅地建物取引主任者がいなければならないという決まりがあるため、不動産会社で働くためにはほぼ必須の資格となっています。

 宅建試験の難易度、合格率


宅建試験の難易度、合格率
宅建試験は、近年、難易度が上昇してきています。
不動産関係資格、法律関係資格の登竜門。といわれていますが、合格率は、15%前後で、受験しても8割以上の方が不合格になってしまう試験です。一般的には法学部出身の方や建築学部出身の方に有利な試験ですが、全く勉強せずに合格できてしまうということはありません。

宅建試験科目と対策
宅建試験は、大きく分けて、権利関係、法令上の制限、宅建業法、その他の科目に分かれています。合格のコツは、得意科目や苦手科目を作るのではなくて、いずれの分野もまんべんなく得点することです。

宅建試験の過去問
資格試験においては、宅建試験に限りませんが、過去問対策が非常に重要になります。

 宅建試験の勉強方法


スクールの宅建講座で勉強するなら
法律の資格の勉強をするのが初めてだ。という受験生にお薦めなのが、スクールの通信講座を利用して勉強することです。

独学で宅建の勉強をするなら
法律の勉強をしたことがあるならば、宅建試験くらい、独学で合格できてしまいますよ。管理人も独学で合格しました。独学合格のためのヒントを紹介します。

 宅建試験受験の体験談


みんなの宅建体験談を読んでみよう
みんなの宅建試験の受験体験談を紹介しちゃいます。体験談の投稿は下記のメールフォームで募集しています。あなたの体験談も聞かせて。



弊サイトは実務法務研究会が運営しております。相互リンクはメールフォームで受け付けています。いつでも、お気軽にどうぞ


弊サイトは、リンクフリーです。お気軽にリンクしてください。文章等の引用の際は必ずリンクをお願いします。
Copyright (C) 宅建試験 独学か?通信講座か? All Rights Reserved.