手紙の構成の基本

 
スポンサードリンク

前文
拝啓 桜が見ごろの季節となりましたが、皆様には、益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。日ごろは、ご無沙汰ばかりでまことに申し訳ございません。

前文は以下のように構成されます。
・「拝啓」などの頭語
・「○○の候」とか「・・・・の季節になりましたね」などの時候の挨拶
・「ご清祥にお過ごしのこととお喜び申し上げます」「お元気にお過ごしのこととお喜び申し上げます」など、相手の安否を尋ねる挨拶
・その後、手紙の内容、相手によって、ご無沙汰を詫びたり、願い事を聞いてくださり恐縮しているなどの文章が入ります。

主文
さて、このたび、私どもは、手紙夫妻のご媒酌により、3月20日に結婚いたしました。
今後は、二人で力を合わせ温かく明るい家庭を築いていきたいと存じます。
ただ、何分、未熟な両名でございますので、皆様には、いっそうのご指導、ご助言のほどをお願いいたします。
なお、左の住所にささやかな新居を構えました。お近くにお寄りの節は、お立ち寄りいただければ幸いに存じます。

主文のポイント
・書き起しの文章として、改行した後に「さて」「このたび」を入れると読みやすい。これから主文に入るという合図でもある。
・敬語を使う場合…尊敬語、謙譲語、丁寧語を間違えないようにする。わからない場合は、とにかく、「・・・です。」「・・・ます。」などの丁寧語で書くのが無難。
・忌み言葉に注意…結婚、葬式に関する手紙では、特に、忌み言葉を使わないように注意する。開業、開店、新築や見舞いの文章でも同様に注意する。

末文
末筆ながら皆様の益々のご健康とご多幸をお祈りいたします。
まずは、書中をもちましてご挨拶申し上げます。

敬具

末文のポイント
結びの挨拶として、相手のこれからの健康や幸福を祈る文章を入れる。唐突だと思う場合は、「末筆ながら」という表現が便利である。
結びの言葉として、手紙の内容を一言で表す言葉を入れる。「まずは、○○まで。」の表現が便利である。
結語…前文の頭語に対応する結語を入れる。「拝啓」に対する「敬具」がよく利用される。なお、「かしこ」という表現は女性のみが用いることのできる表現なので注意する。

後付け

新居先の郵便番号、住所、電話番号、FAX番号などを正確に伝える。

両名の名前(旧姓も添える)

後付けのポイント
・日付、自分の署名、相手の宛名などを記載する。
・記書きで、住所などを書くこともある。これらは、読みやすい字で書くように心掛ける。
・新居先を記載する際、忘れがちなのが郵便番号である。調べればわかることであるが、相手に手間をかけないように、郵便番号も書く。



贈り物を添える場合は?

お返しにはカタログギフトがお薦め


お祝いなどのお返しに何を贈ったらいいのか迷う方も多いと思います。

人によって、好みが違いますから、一律に同じものを贈ると、迷惑に感じてしまう方もいらっしゃるでしょう。

年齢層はもちろん、趣味も多様ですから、お返しを選ぶ際には、いろいろと考えてしまうと思います。


いろいろと考えた末、どの家庭でも使う、洗剤だとかタオルといったようなありきたりの物になってしまうことが多いと思います。

でも、そんなもので本当に感謝の気持ちは伝わっていると思いますか?


やっぱり、その人にぴったりのものを贈るのが一番、感謝の気持ちを伝えられるものです。


でも、一人ひとり、趣味だとかほしいものだとかを聞いて送るなんて手間がかかります。


そんなときに役立つのがカタログギフトです。

カタログギフトならば、相手が好きなものを選ぶことができますから、喜ばれるものです。


カタログギフトは、いろいろなデパートなどでも扱っていますが、利用するならば、ネットショップがお薦めです。

中でも、楽天市場に出店しているお店がいいですよ。

例えば、引き出物しょっぷお祝い本舗楽天市場店シャディ 楽天市場店ギフト工房 愛来-内祝・引出物通販等が有名です。



中でもお薦めしたいのが「引き出物しょっぷ」です。


引き出物しょっぷ が、お薦めのわけは、

1、コースが豊富で、カタログの品揃えも豊富。 → 贈られる側もたくさんの品物から選べるので嬉しい!
インテリアをはじめ、キッチングッズ・アクセサリー・フレグランス・アウトドアからグルメ に至るまで、幅広い年齢層に対応しています。


2、他店より割引されるし、楽天ポイントもつくのでお得。→贈る側も負担がかからずお得!
例えば、10000円コースのものであれば、約8000円で贈る事ができてしまいます。


3、送付先が多くても、一括して手配してくれる。→楽ちん!
送り先一覧をメール等で連絡するだけで、後は、お店の方が手配してくれるので楽です。


お返しに何を贈ったらいいのか迷っている方は、ぜひ、検討してみてください。