独学堂 日商簿記検定資格試験


英語・toeic




英語の勉強をするなら聞き取りの練習のために最も時間を費やすべき


英語ができるとはどういう状態なのかと考えてみた場合、多くの方は、外国人相手に英語をぺらぺらと話している人をイメージするのではないでしょうか?

確かに、英語を流暢に話しているとかっこいいですし、あこがれてしまいますよね。

そして、自分もあんなふうに英語を話せるようになりたい。と考えますよね。

でも、ネイティブスピーカーとの会話で重要なことは、英語を話すことではありません。英語を聞き取ることが最も大切なのです。

極端に言ってしまえば、ネイティブスピーカーが何を話しているのかを理解することができれば、英語を話せる必要はないのです。

相手の話が理解できれば、自分の口で話すことができなくても、筆談することも可能です。

しかし、相手の話を理解することができなければどうすることもできません。自分が一方的に英語をまくし立てても会話が成立しませんからね。

だから、英語の勉強をするときは、聞き取りの練習のために最も時間を費やすべきです。



資格の勉強と英語の勉強を両立させよう

スポンサードリンク



今は士業の世界でも英語力は必須。英語力は、短期間で身につくものではなく、長期間継続して勉強することで身につけるもの。資格の勉強を終えてから英語の勉強をしようとしても遅いです。できれば、資格の勉強と平行して英語の勉強も進めたいものです。

とはいえ、まずは、資格試験合格が第一ですから、あまり負担になるようなことはできないですよね。

負担なく英語の勉強をしたいというあなたにお薦めなのが、のアルク「1000時間ヒアリングマラソン」等を利用した英語の聞き取りです。

通勤・通学中、家事をしながらなど耳の空いている時間に英語を聞くだけでも意味があります。

資格の勉強だけをやっているとはかどらなくていらいらすることもあると思います。

そんなとき、気分転換に英語を聞いてみるのもいいものですよ。



資格の勉強が一段落して、本格的に英語に取り組むなら、TOEICに挑戦しましょう。

TOEICは、大学受験や就職活動、昇進において、客観的な英語力の証明として活用されています。

TOEICで高スコアを取るためには、TOEIC対策専門の教材で勉強しなければ難しいものです。

TOEIC対策専門の教材というと、「TOEICテスト 公式問題集」を真っ先に思い浮かべる方が多いと思います。

TOEICテストを実施団体が作成している公式の問題集ですから、問題の質もいいですし、実際の試験のレベルを知るには最適です。

ただ、この問題集だけで高スコアを狙えるわけではありません。あくまでも模擬試験代わりの教材として利用するべきもので、実力を高めるためには、別途、TOEIC対策専門の教材を利用して勉強する必要があります。

スポンサードリンク



TOEIC対策の教材は、あなたのレベルにあわせて選ぼう!

TOEIC対策の教材を選ぶときに一番大切なことは、あなたのレベルにぴったりな教材を選ぶということです。

初めてTOEICの勉強を始める方が、TOEICスコア900点レベルの教材で勉強しても、わからなくて挫折してしまうだけですし、何回も受験したことのあるベテランの方が、初心者向けの講座を利用しても、役に立たないですよね。

TOEIC対策の教材はたくさんありますが、最もおすすめなのが、アルクの「TOEICテストマラソン」シリーズです。

アルクのTOEIC対策講座は、初心者向けのTOEICテスト超入門キットから、900点を目指す方向けの講座まで、7種類の講座に分かれています。自分のレベルに合わせて、講座を選ぶことができるので、お薦めですよ。

TOEIC(R)テスト対策なら、アルク



※アルクの講座に申し込む前に無料で試してみよう

英語の教材は、自分のレベルにあったものを選ぶことが大切です。難しすぎる教材に手を出しても失敗しますよ。 アルクの教材のサンプルをアルクの公式サイトで試すことができますので、申し込みする前に自分に合う教材かどうか試してみましょう。

教材、講座の無料体験はこちらで→http://shop.alc.co.jp/cnt/navigate/taiken.html



※アルクの教材は楽天でも購入できます!

アルクの教材は、公式サイトだけでなく楽天市場店でも購入できることをご存知ですか?

こちらです→アルク(楽天市場店)

楽天市場で購入すれば、ポイントがたまるのでお得ですよ。楽天でお買い物をすることがある方は、チェックしてみてください。