税理士試験 独学か 通信か?


税理士は、税務代理、税務書類の作成、税務相談、会計業務等を行う国家資格者です。仕事の性質上、企業の数だけ仕事があるといっても過言ではありません。IT化がすすんでおり、会計ソフトなども充実していますが、まだまだ仕事はあります。最近では、租税に関する訴訟の補佐人としての仕事も増えています。


星の数ほどあるサイトの中から、このサイトにお越しくださり、本当にありがとうございます!サイト運営者一同、心から感謝しております。きっと何かのご縁ですから、どうぞゆっくりご覧になっていってください。
スポンサードリンク

 税理士とは


税理士とは
税理士ってどんな仕事をする人なの?

簿記超入門講座
簿記について、簡潔に紹介しています。「簿記って何?」という状態から勉強を始めようと思っている方は、ぜひ、参考にしてください。

 税理士試験科目


税理士試験科目と対策
税理士試験科目と対策をまとめました。これから勉強を始める方は、参考にしてください。

税理士試験科目免除について
税理士試験には、大学院で修士論文を提出することで、一部の試験科目が免除になる制度があります。税理士試験科目免除制度といわれるもので、受験生を始め、関係者の間では、いろいろな議論がなされています。例えば、院生出身の税理士は使えないとか、いろいろ言われていると思います。しかし、法律によって、税理士試験科目免除制度というものが制定されているのですから、利用できる方はどんどん利用するのもひとつの手でしょう。

 税理士試験の勉強方法


スクールの税理士試験講座で勉強するなら
資格の勉強をするのが初めてだ。という受験生にお薦めなのが、スクールの通信講座を利用して勉強することです。

独学で税理士試験の勉強をするなら
税理士試験に、独学で合格してしまうことも可能です。独学で合格するためには、どうしたらいいのかヒントをまとめました。

経理の実務経験を積みたい!
税理士試験に科目合格、あるいは日商簿記検定試験に合格できれば、経理の基本は理解できているということ。
では、実務でバリバリ仕事ができるかというと残念ながら、資格を取っただけでは、実務に対応できる能力が養われたとは言いがたいです。
経理実務は、経験が非常に大切です。全く経験がない人が、簿記の資格を取っても役立てることができないのは当たり前です。
まずは、経験を積んでいきましょう。すでに日商簿記の資格は取ったけど、実務経験がなくて、思うような就職、転職ができないと悩んでいる方にお薦めの職業訓練を紹介します。

 税理士試験受験の体験談


みんなの税理士試験体験談を読んでみよう
みんなの税理士試験の受験体験談を紹介しちゃいます。体験談の投稿は下記のメールフォームで募集しています。あなたの体験談も聞かせて。



弊サイトはフリーニュースレターが運営しております。相互リンクはメールフォームで受け付けています。いつでも、お気軽にどうぞ

弊サイトは、リンクフリーです。お気軽にリンクしてください。文章等の引用の際は必ずリンクをお願いします。
Copyright (C) 税理士試験 独学か 通信か? All Rights Reserved.